close
0 バスケット

FRP製Gパイプ SG仕様

  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

特徴

耐電圧かつ丈夫で軽量!
鉄パイプの約半分の重量。

確認事項

パイプジョイント、クランプの有無

●耐電圧75000V以上。
●FRP製のため錆びない(塩害にも強く水中や海岸付近での使用に適している)。
●軽量で作業がラクラク。
●鋼管に比べて音が静か。

FRP製Gパイプ SG仕様

  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

特 徴

耐電圧かつ丈夫で軽量!
鉄パイプの約半分の重量。

確認事項

パイプジョイント、クランプの有無

●耐電圧75000V以上。
●FRP製のため錆びない(塩害にも強く水中や海岸付近での使用に適している)。
●軽量で作業がラクラク。
●鋼管に比べて音が静か。

  • 商品詳細
  • カタログ
  • マル型【レンタル】

    60角型【販売】

    形状・寸法図

    GパイプΦ50マル型の許容荷重は225kgfです。(安全率は3で算出)

     

    基本的に、上図の間隔や形で組んで頂きますようにお願い致します。(建地のスパンは1800mm以下、腕木のスパンは1200mm以下でお願い致します。)

     

    上図の通り、強度補てんのため、筋交パイプ(または頬杖パイプ)を入れてください。

     

    上図の通り、根がらみパイプを組んで、足場全体のブレを押さえて組んでください。

     

    緊結金具に関しては、HCクランプをご使用ください(当クランプ以外を使用すると傷や割れの原因になる恐れがあります)。

     

    クランプボルトの締付トルクは350〜450kgf/cmが適当です(クランプボルトの締めすぎはパイプ表面の傷や割れにつながりますので避けてください)。また、クランプはGパイプの端から5cm程度離して取り付けてください(Gパイプの端でクランプを緊結すると割れの原因につながります)。

     

    杉足場板と単管パイプは固定していませんので、番線などでの固定をお願いします。

     

    溶接などで火花が飛び散ると強度が低下する恐れがありますので、FRPパイプから避けてください。

    使用例

  • 商品詳細
  • カタログ

人気商品ランキング

ピックアップ

工程から探す

目的から探す

  • バスケットへ追加
  • マイリストへ追加
x とじる
詳細設定
詳細設定

バスケットに入りました。

合計:

このバスケットの商品と一緒に
見積依頼されている商品

マイリスト

新しいフォルダ