close
0 バスケット
MJ
NS
SE
ST

p018_アドフラット/アドフラットドア ボタン錠ドアノブ 補助錠付/アドフラット LEDアドサインパネル

  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

確認事項

種類・高さ・金具(販売・売買)、ドアチェッカー・コーナークッション等

スタンダードなフラットパネルだけでなく、防音仕様パネル、内照パネル、装飾パネル、クリアパネル等、多種多様なパネルで周辺環境に合わせたプランが可能です!

p018_アドフラット/アドフラットドア ボタン錠ドアノブ 補助錠付/アドフラット LEDアドサインパネル

  • MJ
  • NS
  • SE
  • ST
  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

確認事項

種類・高さ・金具(販売・売買)、ドアチェッカー・コーナークッション等

スタンダードなフラットパネルだけでなく、防音仕様パネル、内照パネル、装飾パネル、クリアパネル等、多種多様なパネルで周辺環境に合わせたプランが可能です!

  • 商品詳細
  • アドフラット

    工事現場と同じ環境との調和を考え開発し、永い間みなさまに愛され仮囲いの定番品となりました。デザイン性と利便性が評価されグッドデザイン賞(ロングライフデザイン)を受賞しました。

    特徴

    ⃝ 凹凸がなく、真っ白なフラットパネルは、環境を調和します。
    ⃝ 簡単に設置できるので、作業効率が大幅にアップします。
    ⃝ 表面がフラットなので、広告、掲示物を設置しやすく、目視しやすいです。
    ⃝ フラットパネル設置後でも防音仕様パネルの遮音材を後付けできます。
    ⃝ デザインパネルの木目調、ツタ、カラーはレンタル可能です。

    製品図 単位(mm)

     

    コーナークッションマグネットタイプ(販売品)

    マグネットで取り付け簡単 危険表示と衝撃防止の2役高輝度反射で、反射力アップ

    規格物性

    コーナークッション設置イメージ

    取扱い説明(アドフラット・巾調整パネル・コーナーパネル・必要金具)

    アドフラット(Jフック)の使用方法

    ① Jフックの単管にまたがせ、アドフラット裏端部に爪を引っかけます。
    ② Jフックのボルトを締め、アドフラット単管に固定します。

    巾調整パネル取付け方法

    ① 上部のフックをアドフラットに引っ掛ける。
    ② 下部にジョイントS金具を取付けアドフラットに固定する。
    ③ 端部の穴に付属のビスを打ち中間部を固定する。

     

     

    注意事項

    ◯ アドフラット設置の際には天地逆にならない様にアドフラット裏面の文字「アドフラット」の向きに注意してください。
    ◯ 貫通したビスの刃先でケガをする恐れがあります。ご注意ください。

    アドフラット引違い戸使用の手引き

    ドアパネルの取付け方法と取付け手順

    ① 梱包を開梱し、セット内容物に不足がないか確認してください。
    ② 裏面を上にして、それぞれの部分を表面が傷つかない様に台木等の上へ平置きしてください。(右下写真参照)
    ③ 上枠と左(右)枠を組合せ、左右枠横内側からボルトを通し仮留めしてください。
    ④ 左(右)枠プレート穴と上枠の上部穴位置を合せ、ボルト、ナットを取付け仮留めしてください。
    ⑤ 左(右)枠に取付けられたビスを取外し、下枠と左(右)枠を合せビスを取付けてください。(本締め)
    ⑥ 枠の形を整え、仮留めした上枠と左(右)枠の組立ボルトを本留めしてください。
    ⑦ クランプ付き取付金具を組み立てた枠に取付けてください。(4箇所)
    ⑧ 外枠を持ち上げ、取付金具のクランプを単管下地に固定してください。
    ⑨ 引違い戸の出幅を取付金具のクランプの調整穴で合せボルトで固定してください。(4箇所)
    ⑩ 現場側(奥)から扉を枠にはめてください。
    ⑪ 扉下部左右のコマ(車輪の高さ)を、扉が水平になる様、調整してください。(右部写真参照)
    ⑫ 扉上部の外れ止めを調節してください。(右部写真参照)
    ⑬ ドアの動作に問題がないか確認してください。

    セット内容物

    ① 上枠・下枠・右枠・左枠・右扉・左扉・クランプ付きL型金具×4 (上枠全ての穴に接続用ボルトセット、左右枠穴にビスが付属しています。)

    注意事項

    ◯ 強風が吹きつける恐れのある所には、設置しないでくだ さい。扉が外れ、事故や怪我に繋がる恐れがあります。
    ◯ レールに衝撃を与えたり、硬い物を当てないでください。扉が外れ、事故や怪我に繋がる恐れがあります。
    ◯ 引違い戸に物を立てかけたり寄りかかったりしないでください。扉が外れ、事故や怪我に繋がる恐れがあります。
    ◯ 外れ止めを確実に調整してください。扉が外れ、事故や怪我に繋がる恐れがあります。
    ◯ 必ず水平に設置してください。扉が動き、怪我をする恐れがあります。
    ◯ 固定元となる単管は確実に固定してください。事故に繋がる恐れがあります。
    ◯ ワッシャー・スプリングワッシャー等を紛失しない様に注意してください。
    ◯ 外枠の持ち運びは、2 名以上で行ってください。
    ◯ クランプを取り付けている調整用のボルトは外さないでください。
    ◯ 動きが悪い時は、無理に動作させず、再調整してください。

    アドフラットドア ボタン錠ドアノブ 補助錠付

    防犯性アップ(補助錠)

    ボタン錠に合わせ、補助錠が付いているので、防犯性もアップし、不法侵入を格段に抑止します。

    扉を閉めると施錠(ボタン錠)

    扉を閉めると自動的に施錠し鍵の掛け忘れを防ぎ、優れた防犯性能を発揮します。室内側からはハンドル操作のみで解錠します。

    記憶番号の変更(ボタン錠)

    ドアから製品を取外し、室外側本体の裏面に配置しているロックピンを回転させることで記憶番号の変更ができます。

    記憶番号が多い(ボタン錠)

    記憶番号1桁〜12桁まで任意番号組み合わせが4096通りあります。

    空錠切替機能(ボタン錠)

    簡単な設定で扉を閉めても鍵がかからない状態[空錠]にできます。入室が多い場合に便利な機能です。(自動施錠タイプに 標準設定)

    製品図 単位(mm)

    アドフラット LEDアドサインパネル

    高輝度LEDで防犯対策

    LEDアドサインパネルは8000ルクスもの照度があります。 郊外の工事現場では、歩道を明るく照らす照明となり地域の安全や防犯に配慮している姿勢をアピール出来ます。 ※内照部表面より100mm離れて照度計測(当社計測値)

    高いアイキャッチ率

    アピール力のあるPRツールとしてお使い頂けます。フィルムケースの脱着が容易で、発光部フィルムの交換も簡単です。

    安定した照明器具

    球切れ等によるメンテナンスが少なく、安定した照明器具です。差込プラグを接続するだけなので、別途電気工事は不要です。

    高い安全性

    LEDアドサインパネルは正面に出っ張りがなく歩行者の障害にならないように設計されています。発熱量も少なく、人の手が届くような低い位置に設置しても安全です。

    設置図

    プラグ・コンセントの接続(裏面・立面図)

    製品本体の差込プラグを現場コンセントに接続し点灯させてください。連結ケーブル使用時は、製品同士を連結させた後に現場コンセントへ接続してください。

    内照フィルム入替方法

    固定金具の掴みを矢印に動かし、ボックスからフィルムケースの①引出し・②取付けを行います。

    ASPフィルム設置

    フィルムケース引出し後、 フィルムケースへASPフィルムを挟み、ボックスへ取付けてください。

    寸法図

    H3000mm

     

    H2000mm

    仕様

    注意事項

  • 商品詳細

人気商品ランキング

工程から探す

目的から探す

  • バスケットへ追加
  • マイリストへ追加
x とじる

バスケットに入りました。

合計:

このバスケットの商品と一緒に
見積依頼されている商品

マイリスト

新しいフォルダ