close
0 バスケット

p040_LEDデジタルモニターエルス/騒音計システム振動計レベル計システム

  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

確認事項

型式・高さ 騒音計・振動計

p040_LEDデジタルモニターエルス/騒音計システム振動計レベル計システム

  • NS
  • 全国
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中・四国
  • 九州

確認事項

型式・高さ 騒音計・振動計
  • 商品詳細
  • LEDデジタルモニターエルス 40(ヨンマル)型・48(ヨンパチ)型・100(イチマルマル)型

    工事現場の仮囲いに内蔵した高輝度LED表示板です。光と動きのある情報を表示することでアイキャッチ効果が期待できます。しかもデジタルモニターなので様々な情報を表示することができ、内容も専用のソフトウェアで動画・静止画・テキストデータ等の編集・登録が行えて場面に合わせた表示ができます。場面に合わせて表示内容のスケジュールが登録できるので便利です。

     

    特徴

    ◯ 高輝度で優れた視認性モニター用素子は、LEDを採用。反射による光の映り込みの影響が少なく、昼間の直射日光下でも高い視認性を保持します。
    ◯ 豊富な表示内容現場の工事予定や週間工程表以外に画像や動画も合わせて表示することができます。
    ◯ コストパフォーマンスが良い液晶パネルタイプのモニターと比べ広視野角・低コストでの導入が可能です。消費電力も低い為、ランニングコストも抑制できます。エルス1台で複数の情報を時間差表示できるので都度追加の看板が不要になります。
    ◯ 操作が簡単表示コンテンツをエルス専用ソフトウェアで簡単に作ることができます。エルスヘのデータ転送はUSBを本体に差し込むだけでOKです。

    ※詳細は下記「画面表示簡易手順」をご参照ください。

    画面表示簡易手順

    表示イメージ例

    各種プログラムを組んで色々な表示を行うことができます。

    表示機能

    製品概要

    ◯ 【ねじ施工型・設置部材一覧】40(ヨンマル)型・48(ヨンパチ)型

    ◯ 【クランプ施工型・設置部材一覧】100(イチマルマル)型

    注意事項

    記載の内容や仕様に関しては、変更となる場合もありますのであらかじめご了承ください。

    使用用途

    エルスは、工事現場設置用のLEDデジタルモニターです。それ以外の用途では使用しないでください。

    [LEDデジタルモニターエルスは、動産総合保険に加入済みです。]

    偶然な事故によって保険の対象とする動産に発生した損害に対して損害保険金で補償します。
    ( ●火災 ●落雷 ●破裂・爆発 ●他物の落下・飛来・衝突 ●輸送用具の脱線・転覆・沈没・座礁 ●建物の崩壊 ●盗難 など)

    騒音計システム振動計レベル計システム(アドフラットエルス専用)

    特徴

    ◯ LED表示板(エルス): 騒音や振動を自動で測定し、アドフラットエルスに騒音、振動レベルをリアルタイムで表示するシステムです。
    ◯ アレンジ表示可能: 騒音振動計以外も表示ができるので、情報量も多く、現場状況に合わせた掲出が可能です。
    ◯ 結果を自動収録: SDカード(512MB)が内蔵されており、計測結果を自動収録することができます。
    ◯ 風雑音を軽減: 全天候ウィンドスクリーンを装備しており、風のある屋外でも風雑音を軽減できます。
    ◯ 延長ケ-ブル: 各センサーケーブルは最大100mまで延長が可能です。
    ◯ 後付け可能: 40、48、100型を導入済の現場でもこのシステムを後付け出来、騒音振動のレベル値を含めたコンテンツの表示が可能です。

    アドフラット設置(裏面)

    サンプルコンテンツ

    (  )内寸法はmm

    ◯ 40型(384×384)

    ◯ 48型(764×384)

    ◯ 100型(960×960)

    梱包形態

    ◯ 騒音計測機器梱包図

    ◯ 振動計測機器梱包図

    特定建設作業に係る規制基準値[敷地境界における基準値]

    仕様

    1) 本器を落としたり、振動、衝撃を加えないでください。
    2) エルス本体と騒音計の接続コードは5m、振動計の接続コードは3mが標準仕様となっております。
    3) 分解、改造はしないでください。特に測定器の改造は型式承認外品および検定外品となりますので、ご注意ください。
    4) 振動計のピックアップは、不同沈下が起こらないよう安定した地盤でご使用ください。
    5) コードやケーブルを持って引き抜くなど無理な力をかけないでください。
    6) 各センサーケーブル延長の際は、現場状況を事前にご確認ください。

  • 商品詳細

人気商品ランキング

工程から探す

目的から探す

  • バスケットへ追加
  • マイリストへ追加
x とじる

バスケットに入りました。

合計:

このバスケットの商品と一緒に
見積依頼されている商品

マイリスト

新しいフォルダ